【検索ハブ、MyShortcuts】通知センターから簡単検索

検索ハブ2.7ではクリップボード取得用のURLスキームを追加しました。MyShortcuts+Viewerと組み合わせて使うと通知センターからすばやく検索できるようになります。

任意のアプリで文字列をコピーし、通知センターから検索ハブを選択するだけで検索できるようになります。

こちらのページも併せてご覧下さい:
検索ハブをつかって通知センターからサクサク辞書検索』(代助のブログ

20120803-125512.jpg

クリップボード取得用のURLスキームは、

searchhub://clipboard

です。このURLをMyShortcutsに登録して検索ハブを起動すると、クリップボード内の文字列が検索フィールドに自動的に設定されます。(ここをタップするとMyShortcutsに登録します

このURLスキームにはeidパラメータを指定できます。

例えば、

searchhub://clipboard?eid=checked

と指定すると、チェック付きの検索エンジンを使ってクリップボード内の文字列が自動的に検索されます。(タップしてMyShortcutsに登録

また、

searchhub://clipboard?eid=xxx

のように検索エンジンのIDを指定すると、該当する検索エンジンで検索されます。(xxxは、検索ハブの履歴画面で各項目を長押しして表示されるメニューで「URL」を選択すると表示されます。URLの末尾にあります)

ぜひお試しください。

検索ハブの詳細とダウンロードはこちらからどうぞ。

MyShortcuts+Viewerの詳細とダウンロードはこちらからどうぞ。

【TextClip】簡単メアド入力

iPhoneやiPadでメアドを入力するのは面倒です。(その他、名前、住所、挨拶文、アプリ名なども)

TextClip Anywhereアプリを利用すると、一度だけ入力すれば、後はワンタップで呼び出して挿入できるようになります。

事前の準備は必要ありません。

Safariやメールなどでメアドを入力した後に、入力が面倒だったと思ったら、そのメアドを選択してコピーします。

20120721-215827.jpg

その後TextClipを起動するだけで、そのメアドが長音(「ー」)に登録されます。

20120721-222256.jpg

20120721-215909.jpg

任意のアプリでメアドを入力したい時は長音(「ー」)を入力します。

テンキー入力の場合は

20120721-221040.jpg

フルキーボード入力の場合は

20120721-221130.jpg

これで先ほど登録したメアドが変換候補に表示されます。

20120721-215920.jpg

あとはその候補を選択するだけでメアドを挿入できます。

この記事ではiPhoneで説明しましたが、iPadでもご利用頂けます。TextClip Anywhereをぜひお試しください。

メモ:長音キーはクリップボード履歴として動作するため、一定の件数(デフォルトで20件)が登録されると自動的に一番古い文字列が削除されます。必要に応じて登録先のキーを「、」「。」「?」「!」などの定型文用のキーに変更することをお勧めします。

【MyShortcuts】Twittinで定時ツイート

高速ツイートアプリTwittinがバージョンアップして、MyShortcuts+Viewerを使ったリマインダー登録機能が追加されました。

リマインダーに登録することで定時ツイートや通知センターからの高速ツイートができるようになります。

(登録手順はMarkeeでまとめてみました)

20120720-052608.jpg

20120720-052618.jpg

20120720-052626.jpg

20120720-052639.jpg

20120720-052647.jpg
自動的にMyShortcutsが起動しますので、リマインダーの繰返しと日時を設定して保存します。

20120720-052702.jpg

これで指定した日時になるとリマインダーが表示されるようになります。通知をタップすればTwittinが起動して、すばやくツイートできます。

20120720-054500.jpg

【検索ハブ】反復学習で単語を記憶

先日バージョンアップした検索ハブで、起動時に履歴を表示するオプションを追加しました。この機能を使って、外国語の単語を反復学習する方法を紹介します。

検索ハブで単語を検索すると、その単語は履歴に蓄積されます。定期的にこの履歴を振り返ることで、確実に単語を記憶します。

検索ハブの他に、日時と繰り返しを指定してリマインダーを設定できるアプリが必要です。ここではMyShortcuts+Viewerを使用します(Launch CenterやLaunch+も利用できます)。

準備
以下のリンクをそれぞれMyShortcutsに登録します。繰り返しの指定は「毎日」、時刻については任意です。この例では、昨日分については朝に、一週間前については夜に設定しました。

「検索履歴(昨日分)」:searchhub://history?day=1(登録用リンク

「検索履歴(一週間前)」:searchhub://history?day=7(登録用リンク

使い方
Webページなどで知らない単語があったときは、常に検索ハブを使って単語を調べるようにして、検索ハブの履歴に調べた単語を蓄積していきます。

翌日の朝に、MyShortcutsの通知が表示されます。通知をタップすると、前日に調べた単語の一覧が表示されます。単語を見直して、忘れてしまった単語があればその単語をタップして、辞書アプリで定義を確認します。

その夜にもMyShortcutsの通知が表示されます。通知をタップすると一週間前に調べた単語の一覧が表示されます。同様に単語を見直して、忘れてしまった単語があればその単語をタップして、辞書アプリで定義を確認します。

それぞれ再度検索した単語は、翌日の朝と一週間後にもう一度復習することになります。

翌日と一週間後の両方で覚えていた単語については、その後の反復学習では表示されません。

反復の頻度を追加する場合、例えば3日後を追加するには、searchhub://history?day=3(登録用リンク)を指定します。

以上です。準備が面倒ですが、外国語の単語を効果的に学習できると思います。ぜひご利用下さい。

この反復学習のアイデアは、Evernoteを使った単語学習を支援するEverwordアプリ(App Store / Facebook)の発案者である@YakuchiTAMAPLAさんに頂きました。ありがとうございました。

(参考:ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線

【MyShortcuts】大辞林、ウィズダムなどの各種辞書を通知センターからワンタップ検索

MyShortcuts+Viewerのリマインダー機能を使用すると、各種URLを通知センターに登録できます。

物書堂さんの各種辞書アプリに用意されているクリップボード検索用のURLスキームを組み合わせると、どんなアプリからでもすばやく単語を検索できるようになります。

準備
以下のリンクをタップして、MyShortcutsに対象アプリを登録します。「保存」をタップすると辞書が起動しますが、これは無視します。

大辞林
旺文社全訳古語辞典
ウィズダム英和・和英辞典
ウィズダム英和・和英辞典2
コウビルド英英辞典(米語版)
コウビルド英英和辞典(米語版)
プチ・ロワイヤル仏和辞典・和仏辞典
伊和・和伊中辞典
西和中辞典・ポケプロ和西辞典
アクセス独和辞典

使い方
1. 任意のアプリで、調べたい単語をコピーします。

2. 通知センターを表示して、先ほど登録した辞書アプリをタップすると、単語が検索されます。

検索ハブが不要になりそうなくらい便利です。ぜひお試しください。

WordPressにMyScriptsリンクを投稿する

編集画面のアクションメニューから作成したスクリプト登録用リンクは、これまでWordPressに投稿できませんでしたが、TinyURLを間に挟むことで投稿できるようになります。

スクリプト登録用リンクをTinyURLに変換するスクリプトを作りました。このスクリプトをMyScriptsに登録して、他のスクリプトの編集画面で呼び出すと、スクリプト登録用リンクをTinyURLに変換したものがクリップボードにコピーされます。

TinyURLへの変換スクリプトはこちらからどうぞ:
スクリプト登録用TinyURL

@a_i_t_aさんの「スクリプトをツイート」スクリプトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

超便利です!RT @a_i_t_a: 新作 #MyScripts スクリプト「スクリプトをツイート」 http://t.co/Lj9P8ayA ←のようなスクリプト登録用リンクをツイートします。(TwitterクライアントはデフォルトではTweetbotに設定されています)
2012-07-02 12:09 via Tweetbot for iOS

【MyScripts】有志の方々によるスクリプト集

まとめて頂きました。以下のリンクからどうぞ。

様々な方が作られた #MyScripts スクリプトへのリンクをまとめてみました。
【神ツールをうむ神アプリ】MyScriptsスクリプトまとめ【iPhone&iPad】 – NAVER まとめ : http://t.co/WQFzxU4X
2012-06-02 01:16 via Tweetbot for iOS

【検索ハブ】Libingブラウザを活用する(更新)

検索ハブ2.2では、新しくLibingブラウザに対応しました。

このブラウザではWebページが常にフルスクリーンで表示され、ボタンがありません。すべての操作はジェスチャーを使って実行します。

動作が軽く、ブックマークレットにも対応していますので、検索ハブと組み合わせると便利です。設定例を紹介しますので、一度お試し頂ければ。

まず検索ハブ側の設定です。デフォルトブラウザをLibingに設定します。

20120527-062533.jpg

次にLibing側の設定。Libingに2つのブックマークレットを新規に追加します。1つは検索ハブを起動するだけのもの、もう1つは選択した文字列を検索ハブに渡すものです。

1つ目のブックマークレットには searchhub: を入力して、お好みのジェスチャーを登録します。
20120527-184447.jpg
このジェスチャーと同じものを「Close Tab」にも設定します。こうすることで、検索ハブと組み合わせて使ったときに、タブが増殖しなくなります。
20120527-184545.jpg

2つ目のブックマークレットには以下のJavascriptを入力します。

javascript:location.href="searchhub://query/"+encodeURIComponent(document.getSelection())

実行タイミングには「Select Menu」を選択します。
20120601-232836.jpg

設定は以上です。これで検索ハブからWebを表示するときはLibingブラウザが起動し、Libingブラウザではジェスチャー操作で検索ハブに戻れるようになります。

また、Libingブラウザに表示されている文字列を選択すると、その場に「検索ハブで検索」というメニューが表示され、すぐに検索ハブを起動してその文字列を渡せるようになります。

内蔵ブラウザと同様の操作感でLibingを利用できるようになりますので、ぜひお試しください。

Libingのサポートページでは、その他のブックマークレットも紹介されています。あわせてどうぞ。

全ての操作がジェスチャーというブラウザです。検索ハブ2.2で対応。”Libing – Fullscreen Browser. (無料 評価★★★½ 13件の評価 1.4MB)” http://t.co/zApTZCOV #SAppInf http://t.co/x9EbeH38
2012-05-27 06:34 via Twitter for iPhone


検索ハブについてはこちらからどうぞ。”検索ハブ (250円 評価★★★★ 32件の評価 2MB)” http://t.co/BQ5M9UCO #SAppInf http://t.co/x9EbeH38
2012-05-27 06:38 via Twitter for iPhone

【検索ハブ】コピーするだけでリモート検索

検索ハブ2.0で追加されたリモート検索ハブの機能を紹介します。

ここではiPadとiPhoneを使って、iPad上でコピーした単語をiPhoneで検索します。設定が面倒ですが、便利ですのでぜひお試しください。

まずiPhoneの設定から。

20120512-194238.jpg

20120512-194249.jpg

設定を閉じて、検索エンジンを選択します。その後は検索ハブを起動したままにします。

20120512-194326.jpg

次にiPadの設定。
(iPhoneのアドレスはiPhoneの検索ハブのヘルプに表示されます)

20120512-192828.jpg

20120512-202521.jpg

設定を閉じて「リモート検索ハブ」にチェックを付けます。

20120512-195957.jpg

その後、任意のアプリに切り替えて、単語をコピーすると、コピーした瞬間にその単語がiPhoneで検索されます。

おまけ:ミュージックで曲を検索して再生すると、再生中はバックグラウンド監視の10分間制限が解除されます。

検索ハブの詳細についてはAppStoreをご確認ください。

バックグランド実行用スクリプトをホーム画面に置くためのスクリプト処理用スクリプト

MyScriptsのバックグランド実行用のスクリプトをホーム画面に置くためのスクリプト処理用スクリプトを作ってみます(Touch Icon Creatorが必要です。便利なのでぜひ購入して頂ければ)。
2012-03-28 18:36 via web


1.Touch Icon Creatorスクリプトを編集
2.アクションメニューから「スクリプトを実行」「スクリプトを複製」を選択
3.スクリプト名を適当なものへ変更
4.一行目にあるmyscripts://runをmyscripts://backgroundに変更し、保存
2012-03-28 18:36 via web


以上です。これでMyScriptsの任意のスクリプトをバックグラウンドで実行するためのアイコンをホーム画面に追加できるようになりました。簡単ですのでぜひお試しください。
2012-03-28 18:39 via web


“Touch Icon Creator (85円 評価★★★ 158件の評価 4.9MB)” http://t.co/tyGBNG5w #SAppInf http://t.co/x9EfMh42
2012-03-29 18:32 via Twitter for iPhone


“MyScripts (Unit Kay 350円 評価★★★★ 6件の評価 0.7MB)” http://t.co/YPkryGji #SAppInf http://t.co/x9EfMh42
2012-03-02 22:37 via Tweet Button